» » AS/400オープン連係ツール

AS連携ツール アイキャッチ AS/400オープン連係ツール

ポイント
AS/400オープン連係ツール『AS To Link』は、IBM AS/400側の追加設定や、別途サーバ及び
ミドルウェアなくWindows PC との連携を行うことが可能なツールです。

概要
連係ツールで表示したいAS/400のテーブル(複数テーブルの組み合わせ可能)情報を
専用Excelシートに設定するだけで、AS/400の情報を、80*25の表示制限のない
オープン系照会画面で参照することが可能です。
動作条件
AS400オープン連係ツールは、IBM AS/400 SDK for ActiveX and OLE DB(クライアントアクセスに付属)
及び.netFrameworkが導入されているPCであれば動作致します。
AS/400側の追加設定、別途サーバ及びミドルウェアは基本的に必要有りません。
ASToLink 実行画面
  • 画面問い合わせ項目指定.xlsで問い合わせ項目、条件を設定します。
  • PL0100.exeを実行して問い合わせ画面を表示します。
  • 条件を指定し、検索ボタン押下で検索結果を表示します。
※検索結果が100件を超える場合は100件まで表示します。
  • 出力ボタン押下で検索結果をCSVファイルで出力します。
連係ツールの実行画面の説明ムービーです。
(矢印をクリックで再生します)
ASToLinkの実行画面を別ウィンドウで開く
インストール手順
詳細は[こちら]よりご覧下さい。

インストール手順
【.NETFramework1.1】
  • 既に.NETFramework1.1がインストールされている場合は不要です。
  • WEBサイトから.NETFramework1.1の本体とService Pack 1をダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。
※Service Pack 1のインストール後は再起動を求められます。
.NETFramework1.1インストールの実行画面の説明ムービーです。
(矢印をクリックで再生します)
.NETFramework1.1インストールの実行画面を別ウィンドウで開く
【IBM AS/400 SDK for ActiveX and OLE DB】
  • 既にAS/400 SDK for ActiveX and OLE DB又はクライアントアクセスがインストールされている場合は不要です。
  • setup.exeからインストールを開始します。
  • インストールのタイプは「カスタム」を選択します。
  • コンポーネント選択で以下の項目以外のチェックを外します。

    • 必要なプログラム
    • データ転送
    • OLE DB Provider
    • AFP Workbench Viewer
インストール後は再起動を求められます。
AS/400 SDK for ActiveX and OLE DBインストールの実行画面の説明ムービーです。
(矢印をクリックで再生します)
AS/400 SDK for ActiveX and OLE DBインストールの実行画面を別ウィンドウで開く
【ASToLink(連係ツール)ダウンロードについて】
下記はASToLink解凍手順の説明ムービーです。
(矢印をクリックで再生します)
ASToLink解凍の実行画面を別ウィンドウで開く
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn


『AS/400オープン連係ツール』へのお問い合わせ