» » 読取ゾウ(ScanEver) for Evernote

読取ゾウ(ScanEver) for Evernote


2013/03/04追記
evernoteでパスワード変更が発生しました。
scaneverの認証も解除されています。
evernoteでパスワード変更を行った後、scaneverでアカウントの認証を行ってください。


[English page]

 

読取ゾウ(ScanEver)はカメラで撮影した画像をすばやく変換して、Evernoteへ保存します。
 

撮影、変換、送信。3ステップで操作完了。

処理速度は非常に高速で、操作も簡単です。
 

※当アプリをご利用いただくには「Evernote」のアカウントが必要です。

 
 
アプリ名:読取ゾウ(ScanEver) for Evernote
動作環境:iPhone OS Device(iPhone)
カテゴリ:仕事効率化, ビジネス
対応言語:日本語、英語

 

 

読取ゾウ(ScanEver) for iPhone
ゼノンiProjectチームのTwitter公式アカウント
 


 

特徴

 

  1. iOS6に対応
  2. バックグラウンドでEvernoteに送信。
  3. Evernoteのノートブック、タグ、タイトルに対応。
  4. 名刺、メモ、領収書等の管理に最適。
  5. 画像サイズを自動圧縮。
  6. オフライン時は画像を自動保存。
  7. 取込サイズを選択可能。
  8. OAuth認証対応。※アップデート後の初回起動時、再度認証手続きが必要です。
  9. 一枚のノートに2枚までの画像(名刺裏表)を登録
    (+ボタンで画像追加)
  10. 位置情報登録に対応
    (設定画面から位置情報使用をオンにする)
  11. URLスキームに対応、(scanever:)
  12. 画面表示のずれを修正。
  13. Evernoteに画像が送信できないバグを修正。

 

更新情報

 

  1. 2012.07.01 読取ゾウ(ScanEver)」 1.00 公開
  2. 2012.09.21 読取ゾウ(ScanEver)」 1.10 公開
  3. 2012.10.01 読取ゾウ(ScanEver)」 1.11 公開
  4. 2012.11.06 読取ゾウ(ScanEver)」 1.50 公開
  5. 2017.09.15 読取ゾウ(ScanEver)」 2.00 公開

 

操作説明

 

読取

 


1.撮影 
 
…読み取る対象を撮影 
 
…撮影を中止 

 


2.変換 
範囲はスワイプで調整可能 
 
…太線で囲まれた範囲を変換 
 
…画像を回転する 
 
…設定画面を表示 
 
…再撮影 

 


3.送信 
 
…Evernoteへ送信、次の撮影へ 
 
…変換画面へ戻る 
 
…設定画面を表示 

 


名刺裏表対応 
 
+ボタンで一枚のノートに2枚までの画像(名刺裏表)を登録 

 

設定

 


 
 
当アプリをご利用いただくには「Evernote」のアカウント入力が必要です。
 
なお、この画面でEvernoteのノートブック、タグ、タイトル等を設定できます。

 


Q&A

 

1.自動スキャンを活用するには

 


 
良い例 
 
読み取る対象のみを撮影すると、自動的に範囲をスキャンする。 

 


 
悪い例 
 
読み取る対象以外のものを画面に含めて撮影すると、正しい範囲を認識できない。 

 

2.名刺管理例

 


1.変換した画像をEvernoteへ送信

 
2.Evernoteの検索機能で画像の文章を検索できる

 
 


お問合せ等について

 
[contact-form-7 id="2035" title="iproject_contact"]